So-net無料ブログ作成
検索選択

他人に気を使い過ぎ? [日常(2)]

最近小説ばかりうpってたんで、たまには自分の事を。

他人に多少気を使うのは普通。
でも、度を過ぎると気持ちの悪いものになってしまう。
しかし、気を使われてるかどうかは人によって変わってくる。

僕自信は普通だと思っていた気遣いはどうやら普通じゃないらしい。
先日、僕は親に溜めていた言いたい事を、頭の中で整理して、親を傷つけない言い方をしようと言い方を選びながら話した。
そしたら、親に周りの状況を見すぎて気を使いすぎだと言われた。
親にしたら、泣きじゃくりながら話す子どもが、感情をぶつけているのに話が順序だっていて、気を使われていると感じとり、気持ちの悪いものだったのかもしれない。
それから数日後に精神科に行った時の事。
僕は先生に2ヵ月に会った時に旅行に行くと話たからとお土産を持っていった。
その時の先生は嬉しそうに
「気を使わなくていいのにー。」
と…これはまあ、挨拶みたいなもんだからいいとして、その後だ。
先生はいつも僕が書いてくる薬の在庫のメモをノートに貼る。
だから、僕は付箋にかけば先生の手間が省けると思って付箋に書いて渡した。そしたら、先生がメモとお土産を交互に見て言った。
「気を使いすぎてない?こう…何て言うかな?……疲れない?」
って。
僕にとっての幼い頃に身に付けたスキルが否定されたと感じた。

幼い頃、父は仕事で疲れて遅くに帰ってくると、まだ起きてる僕や弟に八つ当たりのように何かを見つけては怒った。
それを回避するために僕は父に気を使う事を覚えた。
父が穏やかに過ごせる様にと、つい最近までビクビクしながら気を使って過ごしてきた僕は、それが普通だと思ってた。
今さらこの性格をどうにかできる自信はないけど、少し気を使わなくて過ごせるようにならないと、僕の病気は悪化しかしないだろう。

僕の気楽だと思っていた生活が僕を苦しめる気楽じゃない生活だった事に気がついた、そんな今日この頃。
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 4

くりごはん

今でも少しそうなのだけれど、自分が親にとっていい子を演じるのに必死だったことを思い出した。
親こそ正義であり、親に叱られるのは自分の存在を否定されたかのように感じる。

あと星がキラキラして読みにくい・・・

by くりごはん (2013-08-26 01:01) 

緑荼

その演技をし続けてホントの自分がどっかいっちゃって帰ってこれない状態。自分が親になった時、どれだけ子どもの素顔を見せられる環境を作ってあげられるのか……。
学校と家が自分の世界として見るから、否定されると世界が終わる。

あ…僕も星消そうと思ってんですけど、面倒でw
by 緑荼 (2013-08-28 21:02) 

そせんしそん ダイキ

他人に気を使うということは悪いことでは無いと僕は思います。
父親に対しては、気を使っている、というよりは、怖がっているという表現のほうがあっているかもしれませんね...
あなたが父親に対して思っている感情を、あなたの仲で抑制しているのならそれはストレスとなっているはずで、それを誰かに伝えたいと思っても、感情のままに話せないなら、それもまたストレスに感じてしまうのだと思います。
すみません、他人ながらコメントしてしまいました...
by そせんしそん ダイキ (2013-09-13 21:47) 

緑荼

エスカリオルさんへ>父親は小さい頃のトラウマで恐れています。説明してみろと言っておきながら言い訳だと言い、まともに取り合ってもらえず、叩かれて育ったので、未だに恐怖なんです。確かにストレスがたまってうまく発散できません。
by 緑荼 (2013-09-16 00:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。